お客様の満足度をあげる接客術~入店時~

こんにちは、ワークショップアカデミーの木村征子です。
ワークショップとは人対人のおもてなし。この記事では、お客様の満足度を上げるための接客方法を学ぶことができます。

お客様の満足度をあげる接客術3シリーズでお伝えしたいと思います。

1、入店時編
2、ワークショップ時編
3、退店時

元気よく挨拶しよう!

新規のお客様にとっては、どんなワークショップかドキドキ緊張して来られます。
しかも初めて入るお店ならここで合っているかな?とキョロキョロしながら講師を探していたりもします。
そんな時に講師から、こんにちは!と元気の良い挨拶とともに笑顔でお出迎えがとてもお客様に安心感を与えます。

非日常を演出しよう

またペイントパーティーでは、入り口でキャンバスをお渡ししています。
これは当初、空席を見つけやすいように、来てもらったお客様にイーゼルにキャンバスを置いてもらって席を確保してもらうために始めたことだったのですが、
なんと、この入った瞬間にキャンバスを渡す作業はとてもお客様のテンションを上げていました。

実はこれ運営側では意外なことでした。
後でお客様のブログやSNSで 「ペイントパーティーに着いたらキャンバス渡されてテンションあがったー!よし描くぞーってなった!いやぁ~この演出にくいねー!」
と書いてあり、そんな効果があったとは!!と社内メンバーで驚いていました。笑

このワークショップに入った瞬間に非日常体験感を味わってもらうのって大事ですね。
お客様から学ばせて頂いたことでしたが、ワークショップで使う器や筆など、何か今日これはあなたのです、と渡せるものがあると良いかと思います。

世間話をしよう

お客様の着席後は、ドリンクの注文の仕方やエプロンの付け方などの案内をしてイベントまでしばらくお待ちください、とお伝えしていますが、
その後の世間話もとっても大事。講師とお客様の距離がぐっと縮まりワークショップの雰囲気が良くなり、お客様が質問をしやすくなります

 

でも何を話せばよいのか分からないー(涙)の方は、下記のような質問をしてみてはいかがでしょうか?

世間話のリスト

・どこでこのワークショップ知りましたか?
・絵は普段描いていますか?
→(描いている方)・どんな絵を描いているのですか?(作品見せてもらう)
→(描いていない方)うちのお客様9割以上絵を描くの中学校以来という方なので安心してください、と伝える
・(飲食店でワークショップする場合)お酒は飲めるほうですか?お勧めカクテルお伝えする。
・ここに来る前はどこかによってきたのですか?
・(複数で来ているお客様は特に)始まる前に記念にお写真撮りましょうか?

と、たわいもないことを話していたら自然とお客様との会話が盛り上がります。
そんなことをしていたらあっという間にスタート時間です!

まとめ

元気よく挨拶する、非日常を演出する、世間話をする、これらの要素をあなたのワークショップに取り入れてみてはいかがでしょうか?それにより、満足度がきっとあがることでしょう。

 

<お客様の満足度をあげる接客術3シリーズ>
1、入店時編
2、ワークショップ時編
3、退店時

今すぐフランチャイズ資料を請求

Paintyによるペイントパーティーの詳細なビジネスモデルや、具体的な経営数値のイメージを知りたい方は、お気軽に資料を請求してください。

お申込み後、PDFにてお送りさせていただきます。

お客様の満足度をあげる接客術~入店時~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です