お客様の満足度をあげる接客術~退店時編~

こんにちは、ワークショップアカデミーの木村征子です。
ワークショップとは人対人のおもてなし。接客ってとても重要ですよね。

お客様の満足度をあげる接客術3シリーズでお伝えしたいと思います。

1、入店時編
2、ワークショップ時編
3、退店時

退店時のおもてなし

1、作品完成
ワークショップでは、作品が完成するととても達成感があります。
でも、お客様の中にはあまり上手くできなかったな、やり直したいな、もっと修正したいな、と思っている方もいます。
そんな時のお客様への声がけはとても大切です。やはり大事なのはお客様を褒めること!

「作品、とてもかわいらしく仕上がりましたね!お客様のかわいさが作品にも表れていますよ!」
「初めてなのにこんな丁寧に仕上げられたのはスゴイことなんですよ」

どんな些細なことでもいいので、作品の良いところ、お客様の良いところを褒めてみましょう。

すると自信をなくしていたお客様は、上手くできた!、楽しかった!とポジティブな気持ちでワークショップを終えられます。

 

 

2、インスタ映えするお写真を撮りましょう
お客様自身で作品だけのお写真を撮る方は多いです。インスタなどのSNSに作品だけの写真を投稿されてしまっては、もったいない!!

せっかくお写真を撮るなら、お客様の携帯で、お客様+作品+ワークショップの会場が映るように写真を撮りましょう。
SNSの投稿では、作品だけの写真よりも、お客様自身が素敵な会場で作品作りに取り組んでいる様子が分かる写真の方が楽しい雰囲気が伝わります。

     
SNS映えするお写真 良い例         よくSNSに投稿しがちなお写真 悪い例
(お客様、作品、会場+カクテルグラス)         (作品だけの写真)

 

なぜインスタ映えするお写真を撮ったほうがいいか?
それは宣伝になるからです。

投稿をみたお客様のご友人が、何それ、楽しそう。今度一緒に行こう!とインスタにコメントして、次回ご友人と一緒に参加されることが増えます。
お友達が行っているワークショップなら抵抗感無くいけますしね。お友達の連鎖って素晴らしいです。

 

3、ワークショップの次回スケジュールを伝える
作品づくりをしてみて、楽しかったからまた来たい!と思うお客様は多いです。
・毎週○曜日○時~ここでやっています。
・次回つくる作品はこちらです

とスケジュールを伝えてみましょう。
ワークショップで隣に座った方と次回も来る約束をするお客様もいますので、
そうしたら、リピーターになってくださいます。

 

<お客様の満足度をあげる接客術3シリーズ>
1、入店時編
2、ワークショップ時編
3、退店時

 

お客様の満足度をあげるワークショップ接客術

今回、ペイントパーティーを例に挙げましたが、ワークショップアカデミーでは一人一人このお教室・ワークショップならどうしたらいいかをお伝えしていきます。

セミナーにぜひご参加ください。

→セミナー詳細・申込みはこちら

今すぐフランチャイズ資料を請求

Paintyによるペイントパーティーの詳細なビジネスモデルや、具体的な経営数値のイメージを知りたい方は、お気軽に資料を請求してください。

お申込み後、PDFにてお送りさせていただきます。

お客様の満足度をあげる接客術~退店時編~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です