ワークショップの開催「時間」それで合ってる?

こんにちは、ワークショップアカデミーの木村征子です。
ワークショップを始めている方で集客がいまいち上手くいかない・・・。と思っている方!!

講師や会場の都合で時間帯を決めていませんか?

ワークショップの開催時間って、集客にかなり直結するものです。

しかし、
【要注意1】講師都合で時間を決めている方
講師がこの時間なら暇だしワークショップやっちゃおう!決めてしまっているんです。
うちの講座のお客様でもよくいます。
例えば、
「平日の午前中なら子供も夫もいないし、時間あるしワークショップやろう」
「土曜日の午前中なら夫が子供を見ていてくれるからワークショップやろう」
という方々。

他にも、
【要注意2】会場の空き時間だけで決めている方
こちらも、うちの講座のお客様でもよくいます。
「会場が13:00~17:00しか貸してくれないから、13:00~にしちゃってます」
「お店が午前中なら貸してくれるから、10時~のワークショップやっています」

これ、ちょっとまったーー!!

お客様が参加しやすい時間帯で開催すること

大事なのは、来ていただきたいお客様が参加しやすい時間を用意することです。

そもそも、参加していただきたいお客様はどういった方でしょうか?
「一人だけに絞って」その方の生活スタイルを考えて見ましょう。
いいですか!ここで重要なのは「一人だけに絞って」考えることですよ。

例えば、
来て頂きたいお客様像:29歳の独身女性のA子さん。
自宅は川崎で仕事は新宿勤めの事務OL。
勤務時間は平日9時-18時。土日休み。趣味はショッピングと旅行のはやりもの好き。
土日の過ごし方は、部屋掃除、ネイル、友達や彼氏と食事。仕事が単調なので土日は楽しいことをしたいイマドキOL。

こんなA子さんに来てもらいたい!!と
平日忙しく働くOL女性をターゲットにしているのに、
ワークショップの開催時間を

× 平日11時~開催 →仕事でいけない
× 土曜日10時~開催 →平日の仕事の疲れがあってこんな早くに起きれない。まずは部屋の掃除をしてから午後に予定を入れたい

と、参加したいけど、時間が合わないという結果になるのですよね。

ペインティではディナー前の時間に開催

ペイントパーティーは、平日忙しく働く女性が、平日の夜や土日に「友達と複数」で参加するOL女性(通称:バリキャリ系OL)をターゲットにしています。

今まで本当にたくさんの開催時間を試してみました。
なんせ本格スタートして一年半で約500回開催してきましたからね。

そんなペイントパーティーでの開催事例はこちら!

<土曜日>
12:30~14:30 ×中止 集まらず
13:00~15:00 △数人
14:00~16:00 ○10名前後
15:30~17:30 ○10名前後
16:30~18:30 ◎20名以上集まることも
18:00~20:00 △数人
19:00~21:00 △数人

なぜディナー前を選んだのか

バリキャリ系OLがお友達と一緒に参加となると、自分だけでなく、お友達の都合があるんですよね。
そうすると、土曜日は、お昼過ぎまでお仕事の友人もいれば、夜は彼氏とごはんの予定を入れている友人も出てきます。
そうすると、14:00~18:30の時間が都合がよく参加いただけるケースが多いです。
特に人気なのがディナー前の時間、16:30~18:30。
ペイントパーティーに後に参加メンバーで食事に行ったり、食事が難しい人はイベント後に解散するケースが多いです。

まとめ

開催時間で大事なのは、来ていただきたいお客様が参加しやすい時間を用意することです!

お客様のターゲットを決めて、それに合った時間帯をきちんと指定することで、あなたのワークショップの参加率も上がるでしょう。

今すぐフランチャイズ資料を請求

Paintyによるペイントパーティーの詳細なビジネスモデルや、具体的な経営数値のイメージを知りたい方は、お気軽に資料を請求してください。

お申込み後、PDFにてお送りさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です