ペイントパーティービジネスはプチ起業にぴったり

ペイントパーティーは個人がプチ起業として始めるのにぴったりのビジネスなんです。以下、その理由をお伝えします。

 

1.未経験でも始められる

絵画教室と違い、ペイントパーティーは絵画の初心者向け、あくまでも「楽しむアクティビティ」です。

よって、専門的な知識や経験は必要ありません。本部の講習を受ければ未経験でも始めることができます。

自分で絵を教えるのは自信がない方は、講師を業務委託として採用することもできます。

2.時間が効率的&自由に使いながら稼げる

イベントは1回2時間、週末や平日の夜に開催し、月4回以上~だけです。

それ以外の時間は自由に使えるので、忙しく働きたくない方や、他にお仕事があったりご家庭がある方の複業やプチ起業にもぴったりです。

イベントに集まる人数が多ければ、とても効率的に稼ぐことができます。

3.低コスト、低リスク

場所を借りて運営すると、高額の初期費用がかかる上に、毎月の固定費のリスクがあります。

また、ご自宅での教室運営などは、抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

ペイントパーティーはBARやレストランを利用するため、場所を借りる必要がありません。

低コストで始められ、維持費用もかからないため、低リスクのビジネスです。

4.競争の少ない成長市場

現代は「物を買う」ことよりも、「体験する」ことにお金が使われるようになってきています。

ペイントパーテイーは、1回から絵を描くことを楽しめるアクティビティであり、絵を習いたい人よりも多くの人がターゲットです。

欧米ではこういったアクティビティがかなりの市場規模となっており、日本においても普及していくことは間違いありません。

AIやテクノロジーが進歩しても、こういったアナログのエンターテイメントは価値を失うどころか、より価値を増していくでしょう。